難消化性デキストリンってどんな効果がある?ダイエットにもいい?

コカ・コーラ

ダイエット中だけど、こんなお悩みありませんか?

  • 仕事が忙しかったりストレスが溜まったりするとつい食べ過ぎてしまい自己嫌悪に陥り後悔する
  • 糖質制限をするために炭水化物を抜くと集中力が無くなり本来のパフォーマンスを発揮できなくなる
  • 生理前になると食欲をコントロールすることが出来なくなり暴飲暴食に走ってしまう
  • 食事制限後に普通の食事量に戻すと100%の確率で大きくリバウンドする
  • 停滞期に突入して思うように体重や体脂肪が落ちなくなるとモチベーションを維持できなくなる
  • 飲み会やお土産や差し入れなど食事制限の妨げになる誘惑が多くて困る

など、ダイエットにまつわる悩みごとや困りごとがあり一生痩せられそうにないと感じている方は多いのではないでしょうか。

そんな悩み多きダイエッターの強い味方となってくれるのが、難消化性デキストリンです。

>>難消化性デキストリン配合のプロテインサプリはこちら

難消化性デキストリンにはどんな効果がある?

難消化性デキストリンはトウモロコシなどに含まれるデンプンから作られる食物繊維で、ダイエット効果も期待できます。

具体的な効果とは

  • 食事に含まれる糖質の吸収を遅らせて食後の血糖値が急激に上昇しないようにする
  • 揚げ物やラーメンなど油っこい食べ物に含まれる脂質の吸収を遅くして食後の血中中性脂肪の上昇を抑制し内臓脂肪を減らす
  • 整腸作用があり腸内細菌のバランスが良くなるので便秘が解消されて体の中からスッキリする
  • 鉄や亜鉛やカルシウムやマグネシウムなどのミネラル成分の吸収を促進させる

などがあります。

難消化性デキストリンはダイエットの大敵となる糖質と脂質にアプローチすることが出来るというのが最大の魅力で、甘いものや炭水化物や油っこい食べ物がやめられないダイエッターにとっては心強い存在となってくれるでしょう。

血糖値や中性脂肪値を下げる作用があるので、糖尿病や高脂血症や動脈硬化やメタボリックシンドロームなどの生活習慣病予防にもつながります。

腸内環境の乱れによる便秘もダイエットの大敵となります。

善玉菌が少なくて悪玉菌が多い状態だと、腸内フローラが乱れて代謝が低下し痩せにくく太りやすい体質になってしまいますので、便秘で悩まされている方は積極的に整腸作用がある難消化性デキストリンを摂取して健やかな腸内環境を作るべきです。

食物繊維の難消化性デキストリンがダイエットに効果的であるということがわかったのではないでしょうか。

難消化性デキストリンに頼るだけではなく、健康的に美しく痩せたいなら運動をしたり栄養バランスの良い食事を心がけたりなどの努力も必要です。