英語をマスターするために押さえておくべき目標の立て方

英語をマスターするためには、3つの目標を立てるようにしましょう。
英会話を覚えたいといった中途半端な目標の場合には努力の方向性が明確ではなくなります。方向性がはっきりしないのであれば、目標は次の3つに絞ってみましょう。

英語マスターのための3つの目標

まず、最初に目指すべき3つの目標ですが、基本的な単語が口からパッと出ること、中学レベルの英文を組み立てることができること、相手の言葉が聞きとれることです。

英会話で最初にぶつかる壁としては、やはり口からしっかりと単語が出て来ないことです。
単語を見たり聞いたりした時には意味がわかるように、日本語から英単語が瞬時に思い出せないというケースが意外と多いものです。

頭という英語は何だったっけ?といったように、スムーズに離すことができるようにするには、0.3秒で単語が出てこなければなりません。
引き出しが多くても開かなければ全く意味がありません。

そのため、基本的な単語がすぐに口から出るというのが大きな目標となります。
ちなみに、このような自分で使える単語のことをアクティブボキャブラリーといいます。
そして知っているだけの単語のことをパッシブボキャブラリーといいます。
アクティブボキャブラリーを増やすというのがとても重要なポイントになります。

中学レベルの英文を組み立てられるか

中学レベルの英文が組み立てられるかどうかもとても重要になります。
単語を正しく組み立てて初めて英文となるのです。
そこで必要になるのが英文法なのです。

しかし、無理して難しい高校英文法を覚えなければならないのかといえばそうではありません。
日常会話の大半は中学英語でできていますので、中学レベルの英文法で英文が組み立てられること1つの目標になるのです。

英検2級の面接レベルの英語であれば前述した2つの目標を達成できれば話せるようになります。
英語が口から出ない場合は、これらができないということになります。

相手の言葉が聞きとれるかどうかも重要ですが、英語を一方的に話すだけでは会話になりません。
相手の言葉を聞きとる必要もあります。
つまり3つ目の目標はリスニングスキルを付けることなのです。

ただし、リスニングテストとは異なり通常の会話においては相手の言葉が聞き取れないこともあります。
その時には聞き返すことも1つの手段です。
最初から完ぺきなリスニングスキルを目指す必要などないのです。

コメント