英語は単語のクイックレスポンスがとても重要!どうすれば身につくの?

基本的な単語が口からすぐに出るのかも重要です。
単語のクイックレスポンスというのは、単語集などの日本語を見てすぐに単語が口で言えるようにするための練習方法です。

リーディングなら単語を見て意味がわかるだけでも良いのですが、英会話においては、適切な単語をすぐに思い出す必要があります。
そのため、単語のクイックレスポンスによって引き出しを引き出しやすくするということです。
TOEICで高得点をとっているのに、なかなか英語が話せないという人の場合には、難しい単語を読むことはできるのに、口からは簡単な単語も出てこないというのはよくあります。
見てわかることと、自分で言えるかどうかは全く違うのです。

使用する単語集なとくに決まりはないのですが、クイックレスポンス専用に作られた単語集もあります。
最も初歩的なレベルのものであれば、単語自体の難易度は高くありません。
それでも日本語から即座に英語に変換するのは意外と難しいものです。

クイックレスポンスができなければ、会話をしている時にも言葉が出てきにくいのです。

音声を真似してみる

音声を真似するのもおすすめです。
新ユメタンという英語学習教材がありますが、これには日本語から英単語の順で音声が収録されています。
日本語音声が流れたらすぐに英語に変換できるようになるように、練習をするのです。

できるだけCDの音声を真似するようにして発音をするのがおすすめです。
単語を見て自分が想像する発音、CDから聞こえてくる発音というのは大きな違いがあります。
このような癖を治す必要があります。
耳で聞こえた通りに発音をするのは恥ずかしく感じるかもしれませんが、コツは大げさすぎるくらいに発音をするということです。

どれだけ真面目にお発音をしていてもうまくいかなかったのに、大げさに発音をするとうまくいくこともあります。

日本人の考える正しい発音というものも、恥ずかしがることなく、抑揚のあるちょっとだけ大げさな発音をするというのが、耳で聞こえた音に近いのかもしれません。

フレーズや熟語

基本的な単語だけでもある程度のスピーキングは可能ですが、単調な英文になってしまいがちです。
ちょっとした熟語、フレーズを使えるようになるだけでも表現がとても豊かになります。

また、英語では熟語が使用されることも多いですし、カジュアルな日常会話においては、難しい単語より簡単な熟語の方が好まれます。

コメント