英語は一日にどのくらい勉強すれば身につくようになるの?

1日5分の勉強ではいけません。
英語を続けるためには1日5分で良い!
などとよく言われているのですが、じつはそうではないという人も多いです。

なぜなら、ちょっと変な例えになるのですが、苦手なものを毎日5分間、必ず触れたり見たりしなければならないとします。
それを毎日の習慣にできますか?

また、仮にそれが続いたとしても、英語学習というのは1日に5分勉強しても、1年続けてやっと30時間ほどです。
その程度で英語が身につくのかといえばそうではありません。

では、1日30分なら良いのか、それとも1時間必要なのかと考えてしまいがちです。
しかし、上級者や英語の達人と言われるような人たちが押さえているコツがあります。

英語学習のコツ

英語をマスターした人は、勉強するのではなく英語学習を生活の一部ににしています。
違う表現をするのであれば、英語のON/OFFをあえて切り替えないということでもあります。

では1日に英語の勉強はどのくらい実践できそうですか?
15分から1時間くらい勉強をしているという人が多いと思います。
2時間から3時間の勉強時間を作るとなると、非常に難しいと思います。

休みの日など、たまにしかできないと思われる方も多いと思います。
では英語の勉強が終わってからなにをしたいと思いますか?

テレビをみたかったり、買い物をしたかったり、色々としたいことはあると思います。
英語の勉強の後に英語の勉強をしたいという人はとても少ないと思います。
この英語の勉強後に英語以外のことをするというのが、ON/OFFが切り替わってしまっているのです。

勉強というものに、多くの人は苦しいというマイナスなイメージを持っているのです。
わざわざやりたくないものであり、勉強だと思っていることが、英語学習そのものを苦痛なものに変えてしまっています。

勉強をしようと思うと、長時間は続けられませんし、勉強をしないOFFの時間の方が圧倒的に長くなるのです。
言語は勉強をしていても身につきません。
生活の一部にしてしまうことで、初めて身につくのです。

苦手な英語を生活の中に入れ込んでしまうというのはなかなか難しいのですが、それを実践することができれば、英語力は驚くほどアップするんですよ。

毎日の生活の中で英語をできるだけ自然に取り入れるようにするだけでも、驚くほど英語力がアップするようになります。

おうちホームステイのアプリ・ラインを使ってみた。山内勇樹が主催するおうちホームステイとは
おうちホームステイが人気の理由として、おうちホームステイのアプリとラインによるサポートが良い!という口コミを良く目にします。山内勇樹が主催している英語勉強に欠かせないおうちホームステイの真相に迫ります。

コメント