英語で会話をするということの重要性は?英語学習にどうプラスになる?

英語で会話をしないままでは、英語を勉強する意味がありません。現在はメッセージアプリなどを使用すると、文字だけでも会話が成り立つことが増えています。
しかし、実際には英語をつかって会話をするということは読み書きをするよりも頭に残るものです。

脳の中で、会話の内容を理解しつつ同時に英語でも考えているからです。
より効果的に英語が頭に残るようになります。
身近に英語を話す人がいるのであれば、会話の練習パートナーになってもらうのも良いですし、オンラインの英会話レッスンなどを利用するのがおすすめです。

緊張して言葉が出てこなかったらどうすれば良いのか…
そのように不安になるかもしれませんが、その壁を超えるとその先にはコミュニケーションをするというとても素晴らしい世界が待っているのです。

動画サイトを利用してみる

英語のポッドキャスト、YOUTUBEなどを利用してみるのもおすすめです。
コメディ、クッキング、音楽など数多くある動画を通勤や通学の時間にチェックしてみてください。

初めのうちはネイティブの英語はなかなか聞き取りにくいかもしれません。
しかし、数をこなしているうちに次第にわかるようになっていきます。
より的確なヒアリングができるようになるまでには時間はそこまでかかりません。

留学してみる

現地に留学するというのもおすすめです。
一番手っ取り早いのは、やはり語学留学することです。
英語留学をする場合は世界中に選択肢があるので、趣味、機構、文化といったもので絞ってたどこに滞在するのかを決めるのもおすすめです。

SNSを見てみる

友達のSNSを見てみるのもおすすめです。
英語でソーシャルメディアに投稿している友達がいるのであれば、どのような内容をシェアしているのかをチェックしてみてください。
ニュースや雑誌の記事、ブログなどの情報がアップされているので、その中から興味のある分野をチェックしてみてください。

自分の興味のある分野であれば、内容も自然とどんどん頭に入ってきます。
そして英語で読むことに対しての抵抗もかなり低くなっていきます。
最新の情報を手にすることができるというのも魅力の1つですので、有効活用してみてください。

このようなポイントを押さえておくことによって、驚くほど簡単に英語を身につけることができるようになりますので、試してみてください。

英語で挫折をしてしまうのはどうして?どうすれば長続きするの?

英語学習を挫折せずに続けるためのコツについてご紹介します。

山内勇樹のおうちホームステイを利用するのもアリです。

英語で挫折してしまう原因としては、やはり才能や努力とはあまり関係ありません。
誰でも英語学習を自然と続けられるようになるコツがあります。

今年の目標として英語を身につけると決意した方も多いでしょう。
しかしやる気はあっても、実際にはなかなか身につかないですし、続かないものです。
そのようなこともとても多いのですが、一体なぜ英語学習はなかなか続かないのでしょうか?

その大きな原因となっているのが、プラスの気持ちとマイナスな気持ちのうち、マイナスな気持ちがあなたの足を引っ張っています。
プラスの気持ちがあっても、マイナスな気持ちが強ければ、どうしても前にはすすめません。
プラスの気持ちというのは、英語を学ぼうというやる気です。
話せるようになりたいという憧れの気持ちや希望、そして必要性といったものもこのプラスの気持ちです。

さらに、教材などを購入することであったり、英会話スクールに通うというのもプラスの気持ちになります。
それとは反対に、ブレーキに当たる代表的なものとしては英語に対する苦手意識になります。

どのように勉強すれば良いのかよく分からない、というのも苦手意識の1つです。
もちろん英語が嫌いというのもマイナスな要素になります。

英語ができるようになりたいという気持ちもありながら、英語が苦手というマイナスな気持ちがあるのであれば、うまく英語をマスターできないでしょう。
極端に聞こえるかもしれませんが、プラスの気持ちの方がよほど大きくなければ、なかなか学習はうまくいきません。

英語の勉強が続くモチベーション

英語が絶対に身につかなければ困る!なんとしても身に着けたい!そのような気持ちがあれば、スタディサプリENGILISHで英語の学習が続きやすくなります。英検も獲ることも可能です。

また、そもそも英語が好きでたまらないという気持ちも、英語が身につく大きな理由となります。
しかし、そういう切羽詰まった理由があったいr,英語が大好きな人というのは、とても少ないと思います。
そこに当てはまらない大部分の人は、なかなか英語が身につきません。

だからこそ、マイナスな気持ちをまずは捨てるようにしてください。
マイナスな気持ちを捨てることができれば、プラスの気持ちがどんどん大きく成長していき、英語学習もマスターできるようになっていきます。

英語の発音がなかなかうまく上達しないのはどうして?どうすれば良いの?

英語の発音というのは学校でしっかりと教えてもらいましたか?
そもそも英語を教えてくれた先生ってちゃんと発音できていたでしょうか。

大人になると、そもそも学校の体験というのはかなり前のことなのでもう記憶すら曖昧になっているかもしれません。
とても重要なthの正しい発音や、RとLの違いなどはっきりとお英s手もらってことはないのではないでしょうか。

はっきり言えるのは、言葉というものは音がまず先になります。
面白いTEDトークがあるものです。

人間はずっと長い間、文字よりも音をたよりにして生きて生きたのです。
そしてその起源の延長上にいる私達も同じように音の能力は引き継いでいるはずです。

しかし、学校で正しい音を教えてもらうこともなく読まされていたり、間違ったままで音を理解していたりすると英語そのものを正しく理解できていなかったり、英語ができていないままだったり、英語そのものが苦手だったりとなってしまいます。

文字より先に音がくるということ

文字よりも先に、音がくるというのはとても重要なポイントです。
英語学習の一番初めにしなければいけないということは発音になります。

音が全ての土台となっているのです。
ここを軽視する傾向が日本人にとても強いのですが、それは学校における教育、文字偏重の教育が行われてきた1つなのです。

その結果、読めはするものの聴くことができないのです。
このような意識の人が多く、また実際にそうなっています。

読む時には頭の中で独自の音に変換したうえで意味も変換して読むことができます。
音が間違っていても自分の頭の中岳では意味は汲み取れるかもしれません。
しかし、それが音になった時には頭の中の情報とうまく結びつかないために、聞いていてもなかなかわからないなどといったことが起きてしまうのです。

でも、それが音として発せられた場合には頭の中の情報とはなかなか結びつきません。
聞いてもわからない、ということがどうしても起きてしまいます。

単語をスペルを覚えるために本来とは異なる読み方で覚えることが多いです。
と覚えるのは、聞いて話てという次元の学習においては意味がありません。

最近人気の英語教材でプロジェクト2020英語スマホ留学もありますね。

最初の頃は英語を勉強するというのはもちろん重要です。
しかし、異なる読み方で覚えていても意味がないのです。

習うより慣れろという言葉がありますが、習いながら慣れるのが重要になるのです。
そして慣れるのと同じくらいに基礎が重要になるのです。